Home > Japan > 面白電動自転車

面白電動自転車

img-05.jpg

電動自転車『Pi』のウェブサイトでは、「Piが、世界で最も重要な電動自転車である可能性は?」と問いかけている。おそらく答えはノーだろう。米Electrobike社の創立者で最高経営責任者(CEO)のMarcus Hays氏には、不思議なほどありふれた誇大広告を使うくせがある(「他の製品と間違えようのない、世界初の電動自転車」といったふうに)。しかし、Piは確かに興味を惹く、風変わりな自転車だ。

まず、Piは最新の自転車以上に、ビンテージのオートバイから影響を受けているようだ。車輪を固定しているアーチ形のアルミニウム製フレームは、レトロなカフェレーサーを思い起こさせる。

スペックをみていくとその印象がさらに強くなる。ベース・モデルは、電気とペダルを動力としたものだけだが、48ボルト、100アンペアのモーターだけでなく50ccの4ストロークエンジンも備えたスポーツタイプの『Pi-X』など、ハイブリッドタイプが製品の幅をさらに広げている。

Pi-Xの最高速度は時速48キロメートルに制限されているが、「Bonneville Racer」エディションと呼んでいるところからも、多少手を加えればどの程度までスピードを追求できるかが想像できる。

Piの全車種とも、フレームの内部にニッケル水素電池を搭載(Hays氏はこのデザインを夢の中で思いついたという)。無段変速装置とディスクブレーキを備え、3つのモード(電動、ペダル、ペダル踏力の補助)を切り換えて走行できる。

壁のコンセントから充電可能で、ソーラーパワーを利用するフードも、オプションで用意されている。

どこを見ても自慢げな調子で書かれているElectrobike社のウェブサイトに我慢できるなら、Piは君のものだ。価格は、7500ドルから、3万9000ドルの「Factory Racing Hybrid」まで。

Coolest Gadgetsの記事を参考にした。

http://wiredvision.jp/news/200710/2007100320.html

Comment Form

TrackBack URL for this entry
http://biketope.com/mtos/mt-tb.cgi/5
Listed below are links to weblogs that reference
面白電動自転車 from Unique Bike

Home > Japan > 面白電動自転車

Search
Feeds